« 天榮(てんろん)(テンロン) | トップページ | 夏油高原温泉 (げとうこうげんおんせん) »

2007年8月14日 (火)

燔々亭 (ばんばんてい) 焼肉

岩手県の北上市にあるお洒落で美味しい焼肉屋を紹介します。焼肉処燔々亭(やきにくどころ ばんばんてい)という名前ですが、難しい名前なのでバンバン亭と覚えておきましょう。お店はそんなに広くはありませんが、店内にはジャズBGMが流れ、壁には宮城県在住の若手イラストレーターが書いた有名人の似顔絵が飾ってあり、焼肉屋にしてはお洒落な作りになっています。ここの焼肉はどれも絶品ですが、特にタン塩とロースは格別に美味しいです。以前はタン塩も1皿900円程度で食べれたのですが、現在は1皿なんと2000円・・、国内産の牛タンの価格が上昇したからだということですが、これ以上価格が上昇すると庶民には手が出なくなります^^;;;;。

店名:焼肉処燔々亭(やきにくどころ ばんばんてい)
    バンバンテイ
住所:岩手県北上市大通り1丁目2-22
電話:0197-65-5616
営業時間:17:30~深2:00(深1:00LO)
定休日:月曜・第三火曜(1、8、12月除く)

Banbantei01
先ずは、レバ刺しを注文しました。ここのレバ刺しは臭みが殆どなく、にんにくとゴマ油の付けタレをたくさん付けて食べると、もう至福の美味しさが口いっぱいに広がります。レバ刺しは非常に冷えた状態で出されるので、出されたらなるべく早めに食べた方が美味しく頂けます。

Banbantei02
これが絶品料理のタン塩です。昔は900円だったので2人で行っても3皿は注文していたのですが、現在は2000円もするので1皿しか注文できません。早く昔の価格に戻らないかな・・・。ここの牛タンは厚みがあり、塩の味付けも絶妙です。この牛タンの表面を軽く焼いた状態で食べると、もう何ともいえない美味さです!!家の嫁さんは良く火を通して食べますが、私は牛タンの肉汁がじゅわーと出てきた瞬間に食べます。このようにして食べると、牛タンのコリコリ感が残り、また噛んだ際に肉汁がじゅわーと出てくるので、非常に美味しく食べられます。是非、この牛タンは注文して下さい。

Banbantei03
次は、ロースです。ここのお店のロースはなんと生で食べれます。ユッケに近い感じですね。なので火は一切通さず、付けタレにロースを入れて、そのまま食べちゃって下さい。焼いても美味しいのですが、ここのロースはそのまま食べることをお勧め致します。焼いちゃうと、肉のボソボソ感が出るので、焼く場合は3秒以内にしましょう(笑) 正直、生でロースがここまで美味しいとは思いませんでした。

Banbantei04
これは、カルビです。数年前からカルビの肉が変わったらしく、それ以降非常に美味しくなりました。以前のカルビは上品なカルビという感じで、なんかパンチ不足のカルビでしたが、今のカルビは脂付きがよく柔らかいので満足の一品に仕上がっています。このカルビも軽く焼いて食べることをお勧め致します。十分に焼いてしまうと、肉汁が全部落ちてしまうので、ちょっとレアかなと思う程度で食べましょう。(私は何度もレア状態で肉を食べていますが、お腹を壊したことは一度もありません)

Banbantei05
これは韓国風冷麺です。酢の風味が効いており、非常にあっさりしています。カルビを食べた後に、この韓国風冷麺を食べると、さっぱりしますねぇ~。で、ばくばく食べるので食べ過ぎになるのです^^;; 意外に私はこの韓国風冷麺が好きです。

Banbantei06
これは盛岡冷麺です。麺は非常に太めに仕上げています。スープはちょっと甘めに調節してありますが、キムチと一緒に食べると何ともいい味となります。これも美味しいですよ。

Banbantei07
これがいつも注文するビビン麺です。写真を撮る前にちょっと食べてしまったので、写真写りが悪くなってしまいました。ビビン麺はこのように真っ赤です。で、このまま食べても美味しいのですが、かなり辛いです。なので、付けタレに麺を付けて、麺に付いている辛味を落としながら食べて下さい。なんかこのビビン麺は癖になる美味しさを秘めています。辛い辛いと書いてありますが、食べた瞬間は甘いのです。その後、いろいろな薬味や麺の味が広がり、最後に辛さを感じる料理です。とにかく、このビビン麺は最後に注文して、味を楽しんでみて下さい。

|

« 天榮(てんろん)(テンロン) | トップページ | 夏油高原温泉 (げとうこうげんおんせん) »

グルメ・食べ歩き」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 燔々亭 (ばんばんてい) 焼肉:

« 天榮(てんろん)(テンロン) | トップページ | 夏油高原温泉 (げとうこうげんおんせん) »