« 謎のピーナッツケーキ | トップページ | 大船渡でヤリイカ釣り×その後 »

2007年12月15日 (土)

アイナメの塩焼き

岩手の三陸では、かなり大きなアイナメを釣ることが出来ます。このアイナメも私が釣ってきたものですが、ブリブリと太ってとっても美味しそうです。アイナメって結構高級魚のようですが、いつも釣れるので今回は魚の定番!アイナメの塩焼きを作ることにしました。魚の塩焼きこそ魚の旨さが判る調理方法です。

Ainamesio01_2

材料:2人分
アイナメ       2匹
粗塩          適量

作り方:
①アイナメの鱗とキモを取り除き、水洗いする。腹の内部はよくキッチンペーパーで水気を取り除くこと。
②身が厚いので、飾り包丁を入れます。
③塩は適量ですが、やや大目に付けて下さい。余分な塩は後で払い落とせば良いです。あと、アイナメは内臓周辺が磯臭い(魚臭い)ので、内臓にレモン・ゆずなどをちょっと入れて焼くと、いい香りが付いてよくなります。
④ 始めは、中火でじっくり焼いて下さい。表面が焼けてきたら、裏返して、また中火でじっくり焼きます。
⑤ 次に、再度アイナメを裏返して、表面を中火で焼いて下さい。更に裏返して、裏面を中火で焼く。
⑥ 最後は、再度アイナメを裏返して、表面を強火で焼いて下さい。更に裏返して、裏面を強火で焼いて表面をパリパリに仕上げます。
⑦ 出来上がり! アイナメは美味しい。一応、高級魚らしいが沢山釣れます。

Ainamesio02_2

じゃじゃじゃーーん。これがアイナメの塩焼きです。かなりシンプルな料理ですが、箸で身をつつくとアイナメの油が程よくでてきて美味しく頂けます。身は淡白なので、ちょっと塩味を強くすると良いと思います。 彡☆ヾ(⌒▽⌒)

|

« 謎のピーナッツケーキ | トップページ | 大船渡でヤリイカ釣り×その後 »

料理」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アイナメの塩焼き:

« 謎のピーナッツケーキ | トップページ | 大船渡でヤリイカ釣り×その後 »