« 昨日またまた”のん喰”へ行ってきました | トップページ | お腹一杯になり過ぎて・・・熟睡 »

2008年2月22日 (金)

エゾメバル・ウスメバルの塩焼き (沖メバル)

メバルが冷凍庫の中にまだまだ沢山あります これが我が家のおかずになる訳ですが、ウスメバルと一緒にエゾメバルも釣れるので、これを調理することになりました。さて、どうやって料理しようかなぁ~・・・、う~ん思いつかない!前回は、ウスメバルの塩焼きの火加減がちょっと失敗したので、今回もメバルの塩焼きにしちゃおうかな 調理するのは面倒臭いので、塩焼きでいいでしょう!で、今回は ウスメバル の他に エゾメバル も塩焼きにすることにしました。( 魚の塩焼きと言っても、塩加減、焼き加減(生焼けだとベチャベチャするし、焼き過ぎは身がパサパサします)、焦げの付け加減と、いろいろスキルが必要になりますので、簡単そうで簡単ではありませんぞっと )

Mebarusioyakic01

材料:
沖メバル(ウスメバル)  食べる分
メバル(エゾメバル)    食べる分
塩              適量

作り方:
①ウスメバル・エゾメバルの鱗・ワタを取り除き、表面に飾り包丁を入れます。
②塩を前面にまぶします。塩加減が大切です。
③中火でじっくり焼き、最後に強火にして表面をパリパリに仕上げます。

今回は完璧に塩焼きを作ってみました。どうですか?このメバルの塩焼き!結構、美味しそうでしょう

Mebarusioyakic02

で、どれがウスメバルで、どれがエゾメバルか判らない人に解説します。上と下にある茶色ぽい魚がエゾメバルで、真ん中にある赤ぽい魚がウスメバルです。味は、どっちも美味しいのですが、やはり臭みが殆どないウスメバルが上です。この塩加減うめぇ~。この魚とほっかほっかの白ごはんと一緒に食べると、なんか質素な割りにめちゃめちゃ美味んですよね。やめられませんメバルの塩焼きは! ぱくぱく食べてもローカロリーなので、これは健康的ですよ。

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 釣りブログへ にほんブログ村 地域生活ブログへ にほんブログ村 料理ブログへ

ブログランキングへの応援をお願い致します。彡☆ヾ(⌒▽⌒)

|

« 昨日またまた”のん喰”へ行ってきました | トップページ | お腹一杯になり過ぎて・・・熟睡 »

料理」カテゴリの記事

コメント

芸能人の腕時計.com 8世紀、それまでレフ族/ポラン族 (Lech/Polanie) とゴプラン族 (Goplanie) を治めていた、後に「ポピェリド朝」(Popielidzi) と呼ばれることになった族長家の最後の当主ポピェリド (Popielid) が没し、「車大工のピャスト (Piast Kołodziej)」と呼ばれた、おそらく荷車や馬車などを製造する原初的マニュファクチュアを経営していた人物(一説にはポピェリドの宮宰だったともされる)がレフ族/レック族の族長に選出され、「ピャスト朝」(Piastowie) を創始した。
ベル&ロスは製造工程の工夫やムーブメントを汎用エボーシュ(ムーブメント製造会社が供給する未完成ムーブメントのこと)に絞ったことなどから、コストを抑えることにも成功。
1020年にはクラクフのヴァヴェル大聖堂の着工が開始されたとされる。
彼は神聖ローマ帝国領であった南のボヘミアへ軍を進めて1004年に自らボヘミア公となり、1018年に東へ軍を進めてキエフ・ルーシを攻略した同年、今度は西の神聖ローマ帝国領内に侵攻しバウツェン(ブジシン)の講和 (en) によりマイセン(ポーランド語でミシニャ)とラウジッツ(ポーランド語でウジツェ)を獲得、その結果中欧に広大な新領土を確保した。
992年にミェシュコ1世の息子ボレスワフ1世が後を継ぐと、この新しいポーランド公は西欧キリスト教世界におけるポーランド公国の領土を画定し、中央政府の権力を強め、武力によって国家を統合した。
ボレスワフ1世は必ずしも神聖ローマ皇帝の権威を受け入れたわけではなかった。
ボレスワフ1世が治めた属領も含めて全てを合わせると西ポモージェ地方も含めた現在のポーランドのほぼ全域、チェコのほぼ全域、スロヴァキアのほぼ全域、オーストリアの一部、ハンガリーの一部、ウクライナ西部の赤ルーシ地方、ベラルーシ(白ルーシ)のブレスト地方、ドイツのラウジッツ地方とマイセン地方となる。
王国領は西ポモージェ地方を除く現在のポーランド、チェコのモラヴィア地方、スロヴァキアのほぼ全域、オーストリアの一部、ハンガリーの一部、ドイツのラウジッツ地方、ウクライナの「赤ルーシ」地方となる。
この説ではルギイはレフ、レックのラテン語における転訛となる。
1000年、オットー3世はポーランド公国の首都ポズナニ近郊のグニェズノへ自ら赴いてボレスワフ1世と会談し、そこに大司教座を置くことに合意した。

腕時計ショップ https://www.yuku006.com/ProductList1.aspx?TypeId=919141951888072

投稿: 腕時計ショップ | 2020年5月30日 (土) 14時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: エゾメバル・ウスメバルの塩焼き (沖メバル):

» エゾメバル・ウスメバルの塩焼き (沖メバル) [釣り・料理日記]
メバルが冷凍庫の中にまだまだ沢山あります これが我が家のおかず [続きを読む]

受信: 2008年2月23日 (土) 00時14分

« 昨日またまた”のん喰”へ行ってきました | トップページ | お腹一杯になり過ぎて・・・熟睡 »