« 北上お祭りの後は・・ | トップページ | しろくま (イタリア料理・居酒屋)2 北上市 »

2008年8月 6日 (水)

2008年 竿燈祭り (秋田市)

今日は秋田市の竿燈まつりを見に行ってきました。会社を午後半休し、急いで準備をして、さぁ秋田市へ!折角の休暇なので、湯元温泉にある大丸食堂(後日掲載します)でランチを食べたいと思い、下道を走り続けました。湯元温泉と言えば、オセンの発祥地?。以前は、ここまでよく買い物に行ったものです。ガソリン代を考えてもオセンで買い物した方が断然にお得!という時代があったのです。ですが今は余りにもガソリン代が高騰してしまったので、ここまで買いにくるとガソリン代をペイするにはなかなか難しくなってきています。で、大丸食堂はオセンの近くにあったので、直ぐに発見することが出来ました。ここで美味しいランチを頂き、秋田へ向かうのでした!湯田インターから高速道路に入り、運転していると、なんだか眠い・・眠過ぎる・・・うぉ~我慢できない眠さだ。これはいかんと思い、パーキングで20分お昼寝。完全に目が覚めたので、秋田へゴー!秋田市にある県庁に着いたのは午後5時頃。ちょっと早いかなと思いながらも、秋田市の市役所でちょっと時間を潰して、早めに場所を確保することにしました。なんか今年はちょっとお客が少ない?午後6時を過ぎても大混雑になりません。まぁ、この程度の混雑が丁度いいですね^^)。

Kantou00

さぁ、7時を過ぎると竿燈まつりの開始です。最初の30分は竿燈の入場パレードがあるので、それをじっと眺めています。ちなみに、この大若(おおわか)(大人用)で重さ50kg、長さが12m、提灯の数が46個もあります。ひぇ~、めっちゃ重いですね・・・。このそして、7時30分から竿燈の演技が観客に披露されます。

Kantou01

最初は長さが短いもので披露します。これは、まだ長さがないのでバランスは取りやすいのかな?最初に演技した団体は結構上手で、うまく竿燈を操作していました。

Kantou02_2

おらよっと 額の上に大若を乗せてバランスを取っています。これはすごいぞ。

Kantou03

次の団体はめっちゃ下手な竿燈演技でした。なので、提灯が燃える燃える!。これは観客席に竿が落ちた場面です。運が悪いと頭に提灯がぶつかることもあります。

Kantou04

そう、竿燈祭りはこのスリルがたまらないのです!!竿燈まつりって、上手な人が演技すると、それはそれで見応えがあり素晴らしく、下手な人が演技すると、いつ倒れてくるか分からないスリル感と提灯が燃え上がるというシーンを楽しむことが出来ます。なので、全ての団体の演技が面白いのです!!ここが竿燈祭りの素晴らしいところかなぁ~。

Kantou05

で、最後の団体の演技です。見て下さい!この竿の長さを!!提灯があんなに高いところを揺ら揺ら動いています。これは本当に見応えがあります。

Kantou06

なんという高さでしょうか?これが観客席に落ちることがあるので、スリル満点です。

Kantou07_2

そして、この竿のしなりを見て下さい。あり得ないくらいにしなっています。これが倒れたら大変です^^;; (まぁ下手な人がやると倒れるのですが^^;;) 時々、おばちゃんの顔面に提灯が当たることがあるので、ぼーっと見ているとちょっと危険です。

で、最後に竿燈ふれあい会が10分だけ開催され、写真を撮ってもらえたりします。うちは3ヵ所で写真を撮ってもらいました。これは記念になりますね。あーーやっぱり最高ですね、竿燈祭りは!東北三大祭りの1つですが、仙台七夕祭り、ねぶた祭りより、数段面白いのが竿燈祭りです。私は、この祭りが一番好きです。なので、来年も時間が取れれば竿燈祭りを見学に行きたいと思います。

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 釣りブログへ にほんブログ村 地域生活ブログへ にほんブログ村 料理ブログへ

ブログランキングへの応援をお願い致します。彡☆ヾ(⌒▽⌒)

本日の体重68.5kgでやや低下。

|

« 北上お祭りの後は・・ | トップページ | しろくま (イタリア料理・居酒屋)2 北上市 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

とても素晴らしいですね!
私もいつか行ってみたいです。

投稿: みきみき | 2008年8月 8日 (金) 10時10分

みきみきさんへ

是非来年は行ってみて下さい。東北に住んでいる時がチャンスですよ!関東から秋田まで竿燈祭りを見るのはちょっと面倒臭いですしね

投稿: ブルボン | 2008年8月10日 (日) 22時15分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2008年 竿燈祭り (秋田市):

« 北上お祭りの後は・・ | トップページ | しろくま (イタリア料理・居酒屋)2 北上市 »