« Bad Boys (バッド・ボーイズ) 1995年 | トップページ | 毎日毎日、まな板の上の鯉? »

2009年2月 4日 (水)

リピトールとクラリスロマイシンの相互作用

リピトールクラリスロマイシンの相互作用
 クラリスロマイシン(=クラリス)(本剤)の血中濃度上昇が上昇する。ということは、リピトールとクラリスを一緒に飲むと、クラリスの血中濃度が上昇するってことですね。

ちなみに、血中濃度とはアルコールや薬などの物質が血液の中にどれくらい存在しているかということです。

更に、リピトール(成分:アトルバスタチン)の半減期(血液中の薬の濃度が半分になるまでの時間)は約10時間です。

薬は相互作用がいろいろあるので注意が必要です。お医者様も万全ではないので、自分である程度調べることは必要かも知れません 薬は効くけど、量を間違えると毒ですからね・・。薬って、ある範囲での使用は薬として機能するが、その範囲を超えると毒になるので、この辺はきちんと押さえておかないとね(*^-^)

今日は相棒が無いのですね^^;; 見るTV番組が無い。シルシルミシルでしたっけ これも今日は無いんですね

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 釣りブログへ にほんブログ村 地域生活ブログへ にほんブログ村 料理ブログへ

ブログランキングへの応援をお願い致します。彡☆ヾ(⌒▽⌒)

|

« Bad Boys (バッド・ボーイズ) 1995年 | トップページ | 毎日毎日、まな板の上の鯉? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: リピトールとクラリスロマイシンの相互作用:

« Bad Boys (バッド・ボーイズ) 1995年 | トップページ | 毎日毎日、まな板の上の鯉? »