« カイジ2 人生奪回ゲーム | トップページ | 土曜日は自宅でゆっくりと »

2011年11月18日 (金)

枯渇する年金をどうするか?

もう昔から分かっていることだが、日本の年金は近い将来破綻は確実である。制度自体は残るだろうが、今まで通りの年金支給は困難だと思われる。

こんなことだから、若い世代は年金を支払わない。(そもそも支払える余裕があるのに、支払わないのは問題である) 今では、国民年金保険料の未納率が40.7%(2010年)もあり、もはや払うのはバカバカしいと思っているからである。

国民年金を支払わず、自分の思い通りにお金を使い、老後仕事がなく貯蓄も年金も無いので生活保護を受ける。すると12万程度(地域により異なる)頂ける。

国民年金を支払い、コツコツとお金を納め、老後に備えて年金を需給すると6万-8万程度頂ける。

これは何かおかしい。関係ない人が見ても、やっぱりおかしいと思うだろう。しかし、このおかしい制度が運用されている。

結局、正直者・一生懸命働いた者がバカを見る社会ではどうしようもないのだ。そもそも生活保護は、「健康で文化的な最低限度の生活」 を保障されるもので、生活保護の金額が妥当であれば、国民年金の支払い額は余りに少ないということになる。

一方、国民年金を満額納めて年金が6万-8万で最低限の生活が出来るのであれば、生活保護の金額は余りにも高いということになる。

はっきり言うと、年金を満額支払っても生活保護水準まで届かないという現状がある。これはもう今のうちにどうにかするしかない。

そんな訳で私はこう個人的に考えます。

①老後の事は全く考えず年金未納の方を更生するのは難しい。人はそう変われない。

②生活保護を減額・或いは支給を難しくするのも、これまた不当である。

従って、年金資金の充填は消費税で補うのが良いというのが私の考えです。

こうなると①の方から反論が出ると思います。年金を支払ってないのに、何で消費税で支払うんだ!!と、では、損すると思うなら年金に加入しなさいよと言える。

②の方からは、こういう反論が出ると思います。何で最低限のお金しか支給されていないのに消費税を上げるのだ!!と、では、その最低現のお金は誰が支給しているのかと反論できる。

結局、

『まじめに働いて納税した方が、納得の出来る制度』 でないといつか制度自体が破綻します。

最近、自分さえ良ければ良い、後の事は考えないという人が急増しているように思えます。勿論、今楽しむことは重要ですが、やはり老後は必ず来るということを自覚して、きちんとした制度を運用して貰わないと、人々の幸福度は上昇しないと思います。

たまに年金制度の事を考えるのもありだと思いました。本当どうなるんでしょうね?日本は??

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ

ブログランキングへの応援をお願い致します。彡☆ヾ(⌒▽⌒)

|

« カイジ2 人生奪回ゲーム | トップページ | 土曜日は自宅でゆっくりと »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 枯渇する年金をどうするか?:

« カイジ2 人生奪回ゲーム | トップページ | 土曜日は自宅でゆっくりと »