« 誕生日の夕食 | トップページ | 青川峡キャンピングパーク »

2011年11月 2日 (水)

なんだかまた凄いことに・・・

最近、余りに忙しくて自宅でブログを更新している暇がない(暇はあるけど気力がない・・・)というような状態が続いていたので、ブログ更新ができずにいました。

それで、最近円高が余りに酷いなぁ~と思っていた矢先、日本経済もなんだか暗黒の時代に突入の気配。アメリカ経済は回復基調のものの、日本経済は未だにどん底。失われた10年が20年になり、きっと30年になるだろうという予感です。

[東京 31日 ロイター] パナソニック(6752.T: 株価, ニュース, レポート)は31日、2012年3月期の連結最終損益(米国会計基準)を4200億円の赤字(従来予想は300億円の黒字)に下方修正し、2年ぶりの最終赤字に転落する見込みだと発表した。
 前年同期は740億円の黒字。薄型テレビ工場の処理など構造改革費用を5140億円(従来計画1100億円)に積み増すことが響く。過去最大の当期純損失を計上した02年3月期の4278億円に次ぐ最終赤字額になる。

<テレビと半導体の改革費用3240億円>

 今期に実施する構造改革の積み増し分4040億円のうち、薄型テレビと半導体の改革費用で3240億円。テレビ事業の改革費用は2650億円で、パネルの生産体制を再編し、プラズマ製造は尼崎第2工場(兵庫県尼崎市)、液晶パネル製造は姫路工場(兵庫県姫路市)のそれぞれ1拠点に集約する。プラズマの最新鋭の尼崎第3工場の生産は休止して減損処理するほか、尼崎第1工場も設備の中国・上海への移転を中止して稼働を停止する。液晶パネル製造は、茂原工場(千葉県茂原市)の工場を休止。液晶で唯一の生産拠点となる姫路工場は一部で減損処理する。

テレビは既に、韓国にお株を奪われ世界市場では2番手以下。半導体も韓国・台湾に市場を奪われ、重要な箇所はアメリカに独占されている状態。

残りは自動車産業だけ?と思われているが、この自動車産業も今までのツケが回ってきたような状態になり、将来的に伸びるかどうかも分からない状態です。

がんばれ日本と言いたいが、気力だけでは前に突き進むは難しいと思います。この難問、どうすればよいのか?国民一人一人が考える時代になったのかも知れません。

まぁ、暗い話しはそんなところにして、

Clipboard01

アンチャーテッド 砂漠に眠るアトランティス

が欲しいです。これ、買ってしまおうかと悩んでいます。価格も安いし、どうしよう

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ

ブログランキングへの応援をお願い致します。彡☆ヾ(⌒▽⌒)

|

« 誕生日の夕食 | トップページ | 青川峡キャンピングパーク »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

おばんでーっす。

円高
困ったもんですねー
我々にはーどうしようもねーですよね
ぽちぽち

投稿: 重箱石 | 2011年11月 3日 (木) 19時51分

重箱石さんへ

円高は恩恵もありますよ。(*^-^*)
円50円でもいいと思います。

投稿: ブルボン | 2011年11月 5日 (土) 10時48分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: なんだかまた凄いことに・・・:

« 誕生日の夕食 | トップページ | 青川峡キャンピングパーク »