« 伊勢安土桃山文化村 | トップページ | 体調不良 »

2012年1月15日 (日)

伊勢志摩 牡蠣(カキ)食べ放題

1月14日(土)の続きのお話しです。

さて、今日は牡蠣(かき)をお腹一杯食うどぉ~ そんな訳で、伊勢志摩までやって来ました。休日ETC割引で、高速代は片道1100円前後掛かるのですが、ドライブを兼ねてくれば安いもんですね。(*^-^*)

そんな訳で、私達は伊勢志摩は初上陸。

2011011400

行ったお店?お店というか養殖場は、小島水産というところです。ここは牡蠣食べ放題+炊き込みご飯+味噌汁込みで、1人2000円という安さです。牡蠣1個100円程度はするので、20個ぐらいはペロっと食べて下さい。

さっそくお店で、会計を先に済まし90分間の牡蠣食べ放題開始

2011011401

じゃんじゃん焼いていきましょう。牡蠣の平べったい方を上に向けて、どんどん焼きます。口が開いたら食べ頃ですが、半分以上口が開かないので、後は、道具を使ってこじ開けましょう。(*^-^*)

2011011402

焼いていたら、牡蠣を開ける土台、炊き込みご飯、軍手を持ってきてくれました。あ、忘れていけないのは、薄手のビニール手袋を持ってきてください。軍手はあるけど、牡蠣の汁がこぼれるので、ビショビショになってしまいます。

2011011403

牡蠣の味噌汁です。普通の味噌汁の方がいいような感じもしましたが・・・。(味噌汁の中にも牡蠣とは・・・、本当に牡蠣尽くしです )

2011011404

程よく焼けたら、殻を開けて、そのまま頂きます。天然の塩味がついているので、醤油とかは必要ありません。塩分をたくさん含んでいるので、汁は捨てて、牡蠣の中身だけを美味しく頂きましょう。

2011011405

牡蠣を沢山食べると、塩分もそれなりに摂取するので、自前でご飯を少々用意した方がいいですね。(*^-^*)

2011011406

さぁ、どんどん牡蠣を焼いていきます。既に1人20個近く食べていますね。左側半分を焼いているうちに、右側半分を食べる。右側が食べ終わったら、また新しい牡蠣を右側に乗せて、今度は左側の牡蠣をどんどん食べるって戦法です。(*^-^*)

2011011407

口が開いている牡蠣は直ぐに身が出せるので楽ですね。これを開けると、

2011011408

こんな感じです。ポン酢やゆずなどがあるともっと良かったかも知れません。(*^-^*) 七味もいいのかな?

2011011409

お腹もそれなりに一杯になってきましたが、お替りを頂いて、どんどん牡蠣を焼いていきます。あ、そういえば、ジャンパーやコートは煙で物凄く臭くなるので、注意が必要です。なので、上着は捨ててもいいジャンパー又は、その上にレインコートを羽織ることをお勧め致します・・。私のコートも完全に煙臭くなってしまいまた。(;;;´Д`)

2011011410

いやぁ~、本当に牡蠣しかない!牡蠣のみをひたすら食う。そんな訳で、味を変えるために、ポン酢、レモン汁などは持参した方がいいかも知れません。ちなみに、ポン酢は無料で頂けます。(*^-^*)

2011011411

これだけ、食べました・・・。 食べ過ぎでしょうか?1人50個は食べたと思います。ちなみに牡蠣のカロリーは低いので、50個食べても600キロカロリーぐらいです。

これだけ、牡蠣を満喫して料金が2000円です。煙で服・髪・顔などが臭くなってしまうという難点がありますが、大自然の中で牡蠣を美味しく食べれるのでお勧めです。(*^-^*)

2011011412

帰りに、お土産屋さんをちょっと覗いていたら、大アサリ 1500円で販売していました。この大きさにちょっとびっくり・・・。

2011011413

伊勢海老は安いのかな?と思いきや、100g 1000円の表示が。1匹何グラムあるんだろう???300g程度だとして、1匹3000円くらいでしょうかね? ちょっと高価なので手が出ません。\(;゚∇゚)/

帰りに、ミキモト真珠島を眺めて、淡水真珠をお土産に購入しました。

2011011414

お土産といっても、今回はちょっとだけ奮発して淡水真珠のネックレスを1つ嫁さんにプレゼントしました。数万もする真珠じゃないので、気軽に使えるネックレスだと思います。

2011011415

ちなみに、近場に島めぐり 大人1200円というのがあり、船に乗ってみたいなぁ~と思いましたが、もう3時を過ぎていたので、今回は見送ることにしました。

2011011416

船に乗る機会が余りないので、こういった遊覧船を見ると、なんか乗りたくなってしまいます。(が、2000円を超えると乗りたくありません^^;;)

そんな訳で、鳥羽・伊勢志摩 牡蠣の食べ放題のぶらり旅は終了です。

さて牡蠣の食べ放題のまとめ

準備するもの
・薄手のビニール手袋(100円ショップのものでOK)
・軍手(お店から貰える場合あり)
・煙対策のため、ボロい服を持参する(または服の上からカッパを被る)
・牡蠣の味を変える調味料(ポン酢、レモン汁、七味など)

これぐらい準備しておけば良いと思います。では、楽しい牡蠣食べ放題を楽しんで下さい。(◎´∀`)ノ

小島水産かき養殖場のHPはこちら

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ

ブログランキングへの応援をお願い致します。彡☆ヾ(⌒▽⌒)

|

« 伊勢安土桃山文化村 | トップページ | 体調不良 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

カキも美味しそうですが、アサリも良い大きさですね・・こっちではお目にかかれない大きさ?かもしれないです・・・

イセエビの食い放題・・一度体験してみたい・・(笑)と思ってしまいました・・(笑) ポチッ

投稿: mugichan | 2012年1月16日 (月) 06時21分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 伊勢志摩 牡蠣(カキ)食べ放題:

« 伊勢安土桃山文化村 | トップページ | 体調不良 »