« ラーメン 天風 (長島店) その2 | トップページ | 牡蠣の季節に牡蠣グラタン »

2013年1月29日 (火)

PLUS 会社がわかる

最近、余り本も読んでないなぁ~と思い、嫁さんが無料で貰ってくる本を読むようにしています。

本を読む前は、『ちっ、面倒臭いなぁ~』と思うのですが、

読み始めると、面白くてどんどんのめり込んでしまいます。

と、まぁ、面白い本に巡りあうのは、3冊に1度くらいですが、

今回は

会社がわかる (日経プレミアムシリーズ)

の紹介です。

ちょっと前に話題になった、

オリンパス、大王製紙、九州電力のことが書かれていたり、

日本の企業が駄目になってしまった理由など

いろいろ”なるほどね”と思うことが書いてあります。

で、一番印象に残ったのは ”小説 社長のテスト” 

というのが最後の方に書いてあるのですが、

この小説凄くいいところで、続くで終わってしまう。

続きは別の本で読んでねというオチって一体・・・。

最後はどうなるのだろうと思って読んでいたので残念です。

内容紹介

巻頭は、野中郁次郎一橋大学名誉教授が、グローバル化の進む世界に日本企業がどう立ち向かうべきかを平易に説きます。さらに相次ぐ企業不祥事の構造、会社員のキャリアなど日本企業をめぐる「今」を伝えます。

内容(「BOOK」データベースより)

激変するビジネス環境、会社はどこへ向かうのか。会社員は何をすべきなのか。


まぁ、本ってくだらないと思う事も多いのですが、

なにかそこから読み取れるものもあるので、

暇だなぁ~と思ったら、音楽を聴きながらでもいいので、

本を読むのがいいと思います。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ

ブログランキングへの応援をお願い致します。彡☆ヾ(⌒▽⌒)

|

« ラーメン 天風 (長島店) その2 | トップページ | 牡蠣の季節に牡蠣グラタン »

読書」カテゴリの記事

コメント

 いきなり書名だけ見ると、文房具の会社か?と思ってしまいますね。  

投稿: SUKIPPA‐HB | 2013年1月30日 (水) 05時24分

SUKIPPA-Bさんへ

この本、最後に続くっていうありえない構成になっています。

まぁ、最後の部分はオマケで載せたのでしょうが、

先が非常に気になってしまいます。(*^-^*)

投稿: ブルボン | 2013年1月30日 (水) 19時17分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: PLUS 会社がわかる:

« ラーメン 天風 (長島店) その2 | トップページ | 牡蠣の季節に牡蠣グラタン »